カテゴリ:風の想い( 17 )

by 楓

忘れない


たとえば



雨が強く強く降りしきり

空を見上げる事も 辛いときがある




たとえば



どんなに強く願っても

一遍の風もなく

この想いが届かないと

感じてしまうときもある




でも だからといって

忘れてしまってるわけじゃないんだよ




いつも想ってる

いつも感じてる



この空が 君だと想い

この風が 僕だと想い





たとえそれらが

見えなかったとしても





必ずどこかで

いつも繋がってるんだって

そう信じてるんだ



だからね

どんな一日があっても

必ずまた

新しい二人の朝が訪れて



見えないどこかで

いつまでも繋がっていられると



ずっとずっと想ってる





忘れるはずないよ

いつのときも


[PR]

by 楓 by hyskoa_s | 2005-09-12 01:41 | 風の想い

秋の気配


素敵な季節を ひとつひとつ重ね

また新しい季節が訪れようとしているね






ほんのり色づく 茜色のそらのもと

ほのかに薫 秋の気配を

今年も君に届けよう





昨日の風も

今日の風も

明日の風も




きっと何も変わらないけれど

ひとつ残さず

君には届け続けるよ





何も変わらなくても

全てが新しい

二人の足跡だから…


[PR]

by 楓 by hyskoa_s | 2005-09-04 02:45 | 風の想い

流れゆく景色の中で


走る車窓から

遥か遠く

ボンヤリ眺め


ココロの中にある

空を思い描いてた


流れてゆく景色の中

目に映るのは

ココロに移るのは




変わる事のない

空の青と

流れゆく風



こんなにも

いつも どこにいても

感じる事ができるんだね


[PR]

by 楓 by hyskoa_s | 2005-08-24 01:27 | 風の想い

待っててね


たとえ目の前に

大きな大きな山があったとしても

険しい谷間をすり抜けて

必ずそこに辿り着くから



たとえ目の前に

先に見えるのは地平線だけの海があったとしても

休むことなく海を渡り

必ずそこに辿り着くから



山間の小高い丘で待っててね


あの白い浜辺の片隅で待っててね


高い空から見ていてね





そのために僕は息づいているんだよ





待っててね


[PR]

by 楓 by hyskoa_s | 2005-07-17 01:39 | 風の想い

空が望むなら


君が一緒にいたいというのなら

出来る限りその空の下(もと)に留まろう



君が一緒に旅に出たいというのなら

空をさらって一緒に旅立とう



君が僕の全てを欲しいというのなら

空にこの風の全てあげるよ



それくらい

いつも空を感じて

空を想ってるよ…


[PR]

by 楓 by hyskoa_s | 2005-07-05 01:50 | 風の想い

毎日想う空の事


元気で過ごしていますか?

ちゃんとご飯食べてますか?

いっぱい眠れましたか?

今日も笑顔でいられますか?

体調はいいですか?



いつも同じこと聞いてるね



たったひとことの

「うん」が聞きたくて

毎日同じこと聞いてるよ



きみが笑顔で

「うん」って答えたくれたなら

たったそれだけで

幸せで 今日も一日頑張ろうって

思えるんだ



空の笑顔に いつも触れていたいよ


[PR]

by 楓 by hyskoa_s | 2005-06-05 02:27 | 風の想い

いつからか…


嬉しいときも 悲しいときも

淋しいときも 切ないときも

頑張ったときも 苦しいときも



空を眺めては

遠く果てしなく繋がるその先に

いつも笑顔で迎えてくれる君

思い浮かべてる



そしたらね

不思議だね



いつも頬がゆるんで

目をとじで

ニッコリ微笑む

僕に出逢えるんだ



君を想うだけで

涙溢れそうなのを

堪えながらも

微笑むことの出来る

僕に出逢えるんだ



何処にいても

ずっと繋がってるんだって

思えるんだ



いつからか…

空見上げるのが

とても好きになったよ


[PR]

by 楓 by hyskoa_s | 2005-05-21 01:50 | 風の想い

素顔のままで


春にはほんのり桜色

夏には燃えるような赤と共に海の色

秋の頃にはちょっぴり切ない茜色

そして冬にはキラキラと

雪の結晶を含むような透き通る白…




そして君が笑えば

日差しが増し

君が泣けば

悲しい雨音を響かせる




空は…

素直に表情をクルクル変える

まるで子猫のようだ



飾らない素顔のままの

空でいて…


そんな空を

ずっと眺めていたいんだ

ずっと包んでいたいんだ


[PR]

by 楓 by hyskoa_s | 2005-05-17 23:37 | 風の想い

君のための風になる


前はどうだった…?

君は地球のこちら側で

僕は地球のあちら側


君の空を見つけることも

僕の風を感じることもできたけれど


遠く離れて…心で触れていたんだ




今はどう?



君が微笑めば

頬をなでる風になる

君が泣けば

優しく包む風になる



君のすぐ目の前で

僕は君の風になれるんだ…



だからいっぱい感じて


[PR]

by 楓 by hyskoa_s | 2005-04-21 00:45 | 風の想い

そこに吹くから…


なんとかするよ

なんともならなくったって

必ずなんとかするから…



淋しい想いなんてさせないよ

辛い我慢もさせないよ



僕がそこにそよいでゆくから



たとえこの空が曇り

流れぬ雨雲が覆い隠していたとしても

僕が必ず

そこにそよいでゆくから…


[PR]

by 楓 by hyskoa_s | 2005-04-16 00:37 | 風の想い