桜舞い散る午後…


穏やかな春の昼下がり

しばらくそれを眺めてた…


あんなに綺麗に咲き誇っていた

桜たちの花びらが

優しいそよ風に吹かれ

道端に敷き詰められてゆく…



残された
緑と交じり合った葉桜たち…




「緑が混じって見える桜…桜色だけより綺麗だね」



そんなあなたの言葉を思い出し

風と共に眺めた今年の桜

目を閉じて思い描き

又来年も

一緒に眺めれるようにと…



敷き詰められた花びら一枚

手に取り 握り締め

胸の中の想いと一緒に

そっと暖めた…


[PR]

by 楓 by hyskoa_s | 2005-04-17 03:10 | 空の想い



<< 君のための風になる そこに吹くから… >>